メンバー

DON(Dimension)

ロサンゼルス生まれ ロサンゼルス育ち。

13歳の時に、L’Arc~en~Ciel・LUNA SEA・Dir en grey GLAYなどの影響を受けギターを始める。
その1年後、全米で行われているメジャーギターコンクール「Guitarmageddon」でStore Finalsまで勝ち抜き優勝。
翌年、さらに上のクラスに位置するDistrict Finalsまで勝ち抜き準優勝を獲得。

17歳の頃にラッパー仲間と出逢い、トラックメイクを開始。
大学進学はボストンの音大バークリーへ行き、Music Production & EngineeringとMusic Synthesisを勉強する。

22歳の時にプロデューサー・トラックメイカーとして生きる事を決め、さらに多くアーティストとのコラボを精力的に開始する。
Snoop Dogg・RBX ・DKing DKing ・Matt Grace・Forrest Lipton・Andre Lafelle・Chris Tone・Hinobiのエンジニア・プロデュースを担当。

2012年8月 には韓国人ラッパー・マルチボカリストHyottoko Jr.と出逢い、意気投合し自身新境地であるボイスを意識した音楽活動を共に始める。

2013年4月に来日し活動場所を日本に移す。
来日し僅か3カ月で、メジャーデビュー1年目の Apeaceの初ZEPP Tokyoのライブアレンジ全曲を受注し 成功を収める。
また、その腕を信頼されローカルアーティストへの楽曲提供・トラック制作・エンジニア・プロデュースを行いその活動場所を広げている。

rach.O

「La?Bell」 a.k.a. 「rach.O」
三千世界の、一表現者として手にしたブツは「Mic、弦楽器、シーケンサー、そして酒!
今宵も喧騒の中、それらを駆使して人間ジャンクションを渡り歩く。
オープンマインドにジャンルをまたぎ、人生の壁にポジティブ・ヴァイブスで激突する!
音楽への愛と、大地への感謝と宇宙への好奇心を併せ持つ彼を、人はこう呼ぶんだ。
「らっちょ」 or 「ラベル」!ってね。

TETSURO YOKOSAWA

 Facebook

生年月日:昭和54年9月29日
星座:てんびん座
出身地:山形県米沢市
特技:ファゴット、マジック、ビリヤード
好きなもの:楽器
素敵だと思える異性(同性)はどんな人:努力してる人。
音楽歴:幼い頃から父に管楽器や音楽理論を教わる。小学校の時、作詞を手がけた曲「コスモスのように」が山形県指定図書に掲載。
(現在も米沢市立南部小学校で歌われ続けられています)

高校生時代からバンドを始め、teen'sミュージックフェスティバル東北大会で優勝を果たす。
また、その頃から作曲活動を始め、新体操のテーマ曲を手がける。
ファゴットを専攻し、昭和音楽大学に入学。
在学中、アジア太平洋ハーモニカ大会フリースタイル部門に出場。銅賞受賞。
卒業後、クラシック演奏のサポート、作詞作曲、アレンジ等、音楽に関わる様々なステージで活動。

 Discography 
2013年4月10日 2010年2月10日
Firstソロシングル「記憶」で
メジャーデビュー
Firstソロアルバム「sprit」
全国リリース

小池 若菜

 Twitter
 オフィシャルブログ

生年月日:1987年3月19日
ピアノ弾き語りのシンガーソングライター兼声優役者として活動中。
生まれは東京都練馬区、育ちは茨城県。

4歳よりヤマハ音楽教室、11歳より高校卒業まで地元ピアノ教室にてピアノを習う。
声優を志し、大学進学と共に上京。
大学在学中は学生劇団に所属し数度舞台に出演。

大学卒業後、声優業の勉強の傍らボーカルトレーニングを積み、アコースティックユニット「カマネコニウム」で音楽活動開始。
2011年12月よりソロ活動開始。2012年カマネコニウムを脱退しソロ活動に専念。
現在は弾き語りライブ、サポートメンバー・黒猫音楽隊を入れたバンドライブ活動の他、楽曲提供やコーラスでの楽曲参加、声優・役者としての活動も行っている。

2015年3月20日、新宿SUN FACEにて初のワンマンライブを開催。

その他出演履歴等はブログをCHECK!!

 Discography 
2014年3月19日
iTunes Storeにてシングル
『キラメク』配信中

 2015年4月8日 「地下で眠る君へ」Pops ver./Orchestra ver.リリース

 2015年春配信予定 スマートフォン用アプリ『マジカルスクールラヴァーズ』の主題歌「恋さえずるカナリア」ボーカル担当。

橋本 大翔

 Facebook
 Twitter
 オフィシャルブログ

生年月日:1980年3月8日
元陸上自衛官 / 現職時に営内でバンドを結成し、活動を行う。

元陸上自衛官、2000年自衛隊辞職後は桜木町でロックバンド「DIZASTAR」結成。横浜を中心にライブ活動を行い、オムニバスアルバム「faut qu’ca bouge!」に参加。 また幾つかのバンドのリードヴォーカルとして活動、TV等メディアに露出するが、バンド解散と同時に音楽活動から離れる。

2008年、岡田眞澄のマネージャーであった近藤幸太郎と出会い復帰を勧められ、産経新聞開発後援のサンケイ杯争奪第三回カラオケクラシック2009に出場しグランプリを獲得する。 これを機にソロとして活動を再開。またその模様がラジオの公開録音であったためラジオ関西(CRK)でオンエアされ、この時ムード歌謡を歌ったことから演歌歌手でのデビューの話が持ち上がった。

2010年、「桜梅桃李」をインディーズリリース。

2011年8月、東日本大震災復興支援チャリティーオムニバスCDアルバム「Butterfly effect 3 SORAE」に楽曲「Together together」で参加。

2012年、福島県いわき市のローカルヒーロー「郷土戦士ジャンガラー」の主題歌ボーカルを担当。 その後、infixの「零時の扉 (松本零士のテーマ)」に感銘を受けその続編曲となる「心の扉」を制作。

長友より「弟分」と称され、「心の扉」をプロデュース。アレンジには同ロックユニットの佐藤晃が行った。

2013年2月20日、「心の扉」でwebkoo(ウェブクウ)レーベル:EMIミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。

 Discography 
2013年2月202010年1月31
心の扉 maxi single (WKCL-7118)
レーベル : ウェブクウ
ASIN : B00AJSY9SM
桜梅桃李 maxi single(YKLI-0012)
レーベル : ミルキーレコード
ASIN : B0034Z35FK
雷光
iTunes